『有機農業の日』とは12月8日

農業の未来は、私たちのミライ。

有機農業推進法の成立・施行から10周年を記念して、
記念日「有機農業の日」が制定されました。
12月8日「有機農業の日」をきっかけに、みんなが農業の未来について考え、
アクションをおこす節目の1日にしてほしいと考えています。

「有機農業推進法」の
条文はこちらから

episode 1

「オーガニック」って、なあに

オーガニック」とは、有機的な関係を築いている、という状態や
有機的な関係を築いていこうとする「あり方」のことを指します。
たとえば、これらは「オーガニック」

  • 自然環境にやさしい / 自然の生きものとの
    関係性を大事にしている
  • 食べる人の健康を害さない /
    健康にする
  • そこに関わっている人にとって
    フェア(公正)である
  • 人と人、人と自然が
    お互いを思いやっている

国際社会では、オーガニックの原則として、
「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目が掲げられています。
※IFOAM( 国際有機農業運動連盟) による

有機農業とは、「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しない、遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産による環境への負荷をできる限り低減した農業」のことをいいます。

記念日「有機農業の日」は、この「有機農業」をはじめ、皆さんの身近にある「オーガニック」なモノ・コトに触れる、おいしくて楽しい記念日です!

episode 2

「オーガニックデイ」に参加しよう!

オーガニックデイは、おいしくて楽しい記念日。

皆さんの身近なところにも、オーガニックな「モノ」「コト」があふれています。
「有機農業の日(オーガニックデイ)」をきっかけに、
新しい体験をしてみませんか?

  • オーガニックな食材を
    料理してみる
  • オーガニックをテーマとした
    イベントに参加してみる!
  • オーガニックなカフェ・レストランなどの
    場所へ行ってみましょう!
  • 自然とのオーガニックな
    関係を見直してみる

「有機農業の日」委員会(準備会) 呼びかけ人

  • 尾崎 零 (農を変えたい!全国運動関西地域ネットワーク代表)
  • 金子美登 (全国有機農業推進協議会理事長)
  • 佐藤喜作 (日本有機農業研究会理事長)
  • 村山勝茂 (IFOAM JAPAN理事長)
  • 山下一穂 (有機農業参入促進協議会会長)

「有機農業の日」事務局

お問合せはこちら

info★organic-day.com
〒600-8841 京都市下京区朱雀正会町1-1 KYOCA会館3階
株式会社マイファーム内 次代の農と食をつくる会
(会長 西辻一真)